アジア園芸療法連盟(HTAAについて)

Horticultural Therapy Alliance in Asia

40年以上前アメリカで設立されたアメリカ園芸療法協会(AHTA)は、全米にその活動を拡げ、

多くの園芸療法活動を行っている。そして、アジアから毎年多くの園芸療法士がAHTAの年次大会に

参加し、その活動を報告している。

 

しかしながら、距離的な問題や、時間、費用、そして言葉の問題などが壁となり、近年、アジア圏域において

園芸療法に関わる多くの人々が十分な活動を発表する機会を得ることが困難になっている。

 

そこで、このたび、2015年のアメリカ園芸療法学会において、AHTAの主力メンバーから、アジアでの研究発表及び

活動の場を作り、AHTAと共に、質の高い活動を目指してはどうかとの声が挙がった。

日本、中国、香港、台湾、韓国などのアジアの国々の園芸療法士が同盟関係を持ち、相互利益の為の活動を行う為

に、新しい教育内容のもと、新しい枠組みとしてアジア園芸療法連盟(Horticulturel Therapy Alliance in Asia)

を設立する事となった。


多くの文化や歴史を共有するアジアの国々の園芸療法士が、互いの研究や情報交換を今まで以上に行うことで

アジア各国での園芸療法の発展に寄与したい。