本文へ移動

医療法人ふらて会
〒805-0033
福岡県北九州市八幡東区山路松尾町13-27
TEL.093-653-2122
 FAX.093-653-2666


社会福祉法人ふらて福祉会
〒805-0033
福岡県北九州市八幡東区山路松尾町13-25
TEL.093-653-1711
FAX.093-653-3450
 


電話番号のお掛け間違いに
 ご注意下さい。

──────────────
医療・介護施設
──────────────
医療法人ふらて会
社会福祉法人ふらて福祉会
特定非営利活動法人
生きがい創造塾
ケン・インターナショナル
  株式会社

 
1
1
1
9
1
8
1

看護部

看護部理念

疾病や障害を持つ患者様が尊重され、安全、安楽、安寧な療養生活ができるよう根拠に基づいた看護・介護を提供します。

看護部長 有働 麗


西野病院は、地域の基幹病院として地域医療に携わり、地域の方々とのつながりを大切にしてきました。

医療の多様化・高齢化がすすむ中、患者様やご家族に寄り添い退院後の生活を見据えて看護・介護を提供していくことが当院における私たちの役割です。

地域に密着した病院だからこそできる看護・介護の役割を担い、一人ひとりが自立し、質の高い看護サービスが提供できるように日々研鑽しながら、他職種と共働し取り組んでいます。

看護師 土井 里絵 勤務暦10年以上

・西野病院を希望した理由は環境の良さ

看護学校の先生から紹介され、初めてこの病院に来た時に、病院とは思えない環境の素晴らしさに心を奪われ、「こんな病院で仕事がしたい!」と思い志望しました。また、学校に通いながら働けて、学校の先輩もいたので、初めての病院での仕事でしたが、不安が少なく働くことが出来ました。

 
・仕事をする上で大切にしているポイント

私は現在、回復期リハビリテーション病棟に勤務しています。

ここには骨折や脳血管障害の為に痛みや身体を動かすことが不自由な状態で入院生活を送っている患者さんがたくさんいらっしゃいます。その中で私が仕事をする上で大切にしているポイントは「患者さんと関わる時にはどんなに忙しくても笑顔で接すること」です。

当たり前のことですが、リハビリを行っていく上で患者さんの意欲・モチベーションによって回復の速さは違います。その意欲を高める為には、入院生活が少しでも患者さんにとって過ごし易い環境でなければなりません。私は時間のある時などには患者さんの車椅子を押し、一緒にベランダを散歩しながら花を見たり、庭を眺めたりしてコミュニケーションを図っています。患者さんが笑顔で「お花が綺麗ね―病院じゃないみたい」と言ってくれるととても嬉しく、自分がこの病院で働いていることを誇りに思います。

西野病院の環境とスタッフの笑顔で、患者さんが少しでも早く回復出来るよう、これからも支援していきたいと思います。

 

・ワークライフバランスがとりやすい職場環境

私にはまだ小さな子どもが2人います。

毎日仕事と家事と育児に追われていますが、当院はワークライフバランスの実現を目指し、個々の家庭環境に合った勤務形態に応じてくれます。私以外にも子育てをしながら頑張っているスタッフが周りにたくさんいるので、お互いに助け合い、時には相談しながら、アットホームな感じで毎日楽しく働くことが出来ています。

また、病院とは思えない程、自然が豊かなので、疲れた時には少し外を眺めて心を落ち着かせたり、休みの日には子どもを連れて中庭を散策したりと、毎日自然と触れ合える素晴らしい環境で働かせて頂いています。

看護師 伊古野 みずき

・西野病院を希望した理由

八幡東区に引越し、地域に密着した医療を提供する当院に興味を持ち志望しました。今までとは異なる、急性期後の患者様の看護を行いたいと思っています

 
・私の原動力は「ありがとう」の一言

患者様と寄り添い、安心して療養生活を行えるように日々の声かけを大切にしています。「ありがとう」の一言を患者様から頂いたときに、この仕事をして良かったなと思います。その一言が私の原動力となっています。

 

・子育てをしながらでも働き易い環境

子育てをしながら働いている方が多く、定時に終わるために皆が協力して仕事をしているため、とても働き易いと思います。また、プリセプター制度があり、相談できる環境もあります。

看護師 新森 萌乃

りがいを感じられる現在の仕事
以前、勤めていたのは総合病院の急性期病棟でした。
私は祖父母と一緒に住んでおり、高齢のため徐々に介護量が増えていきました。残業が多く介護負担が母ばかりにかかってしまうため、元々祖父母のかかりつけだった西野病院へ転職させていただきました。回復期リハビリテーション病棟では、患者様、またそのご家族様との関わりも重要でリハビリやMSWなどその他の医療連携とのチームを組んで退院支援をしていくとてもやりがいのある仕事です。
 
・頑張って良かったと思う瞬間
急性期では家族との関わりも少なく、リハビリスタッフとの連携も余りありませんでした。また、退院支援に関わることもありませんでした。西野病院に来て、ガラッと仕事内容が変わり、まだまだ戸惑うことが多いですが、患者さんが笑顔で退院していく姿を見ると、頑張って良かったなと思います。
 
・退院に向けて皆が協力
回復期リハビリテーション病棟はADL向上に向け、リハビリスタッフと協力し、環境設定や退院支援をしていきます。患者様やご家族様の希望も考慮していかなければならないため、何度もカンファレンスを開き、話し合いが重要になります。病気になって治療を頑張った患者様が笑顔で退院していく姿を見届けられるやりがいを感じる仕事です。
 応募フォームはこちら
採用に関する情報、お問い合わせはこちらからご覧ください
TOPへ戻る